名古屋市で新築・リフォーム・リノベーションなら雅の家

tel.0120-158-381 open 9:00~18:00
資料請求バナー
お問い合わせバナー

窓について

窓について

 

窓は普段気にしている方は少ないと思いますが、毎日生活する中で光や風を取り入れる

ものとして凄く重要な役割をしています。そんな窓の種類は多く、それぞれに防犯、通風、

断熱性、防音、そして出入りのしやすさなどの特徴があります。

引違い窓

引き違い窓は、一般的に一番多く使われているタイプの窓で、2枚の窓が異なるレールにはめられており

窓を左右にずらすことで窓全体を開閉するタイプのものです。一般的な住宅に多く取り入れられています。

メリットとして、窓の開け閉めやすさ、大きい開口に適している、開き幅が自由に決めれる・・・

などがあります。

ただデメリットとして、気密性に不安、サッシの外側が掃除が大変・・・となります。

FIX窓

FIX窓とは、窓の開閉が出来ない窓の事をいいます。壁に完全に固定されている窓であり

別名、はめ殺し窓とも呼びます。

メリットとして、開閉できませんので防犯面で安全です。引き違い窓と同じ

大きい開口に適しています。気密性も高いです。

デメリットとして、風通しは全くありませんし、サッシの外側が掃除が大変です。

 

内窓

内窓は、今ある一般的な窓ガラスの内側に、もう1枚窓ガラスが取り付けられている窓のことで、

二重窓とも言われています。

メリットは、断熱性の向上、光熱費の削減にもなります。

防音性、防犯性もあがり、結露対策にもなります。

デメリットとして、窓が二つになりますので、換気するのに開閉手間

掃除も手間になります。

 

上げ下げ窓

昔から欧米の住宅を中心にしばしば見られる窓タイプで、窓を上げ下げし開け閉めします。また下側の窓だけ動かすことができ、上側の窓は固定されている「シングルハング窓(片上げ下げ窓)」、上と下の窓を両方とも動かすことができる「ダブルハング窓(両上げ下げ窓)」、そして上と下の窓が連動して動く「バランス上げ下げ窓(スリット上げ下げ窓)」があります。

メリットとしては、上下のに開閉ですので、外側からの防犯には優れています。

また引き違い窓にくらべて、断熱性にもよくダブルハング窓であれば

効率的な風の流れを室内に生み出すことができます。

デメリットとしては、やはり掃除のしずらさがあります。

細かく書き出せば、すごく種類がありますので今回はこのくらいにしておきます。

窓は配置によって色々な空間が出来上がり、風通りも変わってきます。

もし悩んでいる人は一度ご相談下さい。